三脚修理・タイトル

これまで夜桜やイルミネーションなど夜間の撮影で大活躍していた三脚が、先日「万燈祭」で使用していて壊れました。
足を伸ばしたり縮めたりする役目の下の段の「パチン!」と留める所が壊れたのです。当日は夜だったので「何か変?」としか思いませんでしたが後日改めて見ると致命傷でした。
1本目2本目3本目
三本の内一本(左端)は、パチン!とする止め具のシャフトが止めてある本体側が割れて欠落していました、他二本もすでに同じ様な状態(右端)だったり良くてもヒビが入っている状態(中央)でした。

割れたり欠落してしまった物は取り返しがつきません。しかし、この三脚を捨ててしまうのも「もったいない」あれこれ考えた末、簡単で確実な強制固定方式を選びました。

三本共程度の良し悪しは有りますが状態は良くないので、同じ手法で固定しました。方法は簡単!足を伸ばした状態にしてドリルで固定部に穴を開け写真のようにボルトで固定するのです。穴がちゃんと上の足と下の足とを貫通してさえいれば、縮める事は出来ませんが伸びたりグラグラしたりも有りませんので、実用上は問題無し!のはずです。
全体
以前オークションで落札したさほど高価でも無い三脚ですが、たったあれだけの事で捨ててしまうのは納得できません、上の写真の状態でもう縮められませんが、三脚としての役目は十分果たしてくれると思います。

今回この作業を全面的にサポートしてくれた「サンダーバード」こと「のぼり君」、本当にありがとうございます!!心より感謝しておりますよ!!

一覧へ戻る