カキフライ定食ドライブ


広島の冬の食べ物と言えば「牡蠣」です、詳しい事は知りませんが国内ではかなり名の通った産地のはずです。
しかしその産地も今年は貝毒の風評被害を受け悪戦苦闘と地元のニュースで見ました、こりゃ〜応援せにゃいけん!と瀬戸内海へ向けて走ったのであります。
港の様子
広島県も広うございまして牡蠣養殖をされている海域も広いのです、その中で選んだのは「安芸津・安浦エリア」単純に昔の知り合いが居たからなんですが、どうせ食べるならきれいな海で育ったヤツを食べたいですよ。
港の様子
山の中から走る事約二時間で瀬戸内海の見える場所に到着します。山の中に住む者にとっては気分の良くなる広〜い景色です。 
産直屋さん
昼ご飯には早過ぎるので港を散歩したり地元の産品のお土産屋さんをのぞいたりしました。
特産品
瀬戸内沿岸部でこの時期の名産と言えば柑橘類、一般的なみかんは収穫して即出荷ですが、雑柑類は年末に収穫したあと保管して甘みを出してから今の時期出荷されます。
ワシ個人的には年末に並ぶ早生種のミカンが好きです。
コロッケ
安芸津地域でもう一つ有名なのは「じゃがいも」昔は並んでいませんでしたがコロッケも名産になるんでしょうか? ご飯前に食べるかね?
この町で他に有名なのは・・・ 女子ゴルフの岡本綾子さんと元相撲取りの安芸の島関の出身地と言う事かの。
瀬戸内海
目的のお店へ行くまでに格安セルフスタンドで給油したり小さな島に渡ったり道草を食ったのです。
店内の眺め
いよいよ目的のお店です、外観の写真を忘れましたが、海沿いを走る幹線道路の海側に位置するので海側の席は遮る物の無いオーシャンビュー!大きなガラスで眺めは最高です。
名物その一
食べ歩きサイトで予備知識を仕入れ、ラーメンも美味しいらしいので当然注文しました、尾道ラーメンの流れを汲む味で美味しかったです。
名物その2
いよいよメインの「カキフライ定食」
四人でラーメンと定食を各二つ注文しそれぞれ分け合って頂きました、めったに食べない食材なのでどれもこれも美味しく感じました。
ただ気になったのは二品とも注文してから出てくるまでの時間が早かった事、気にしても始まらんけどもうちょっと時間がかかってもええんじゃない?とワシは思ったのでした。 ごちそうさまでした。
遺物
まっすぐ帰るのも芸が無いので呉市方面を回って帰ることにして西に向かいます。
その途中で見つけた「コンクリート船」を使った防波堤、以前仕事で毎週通った道なので存在は知っていましたが近くで見るのは初めてです、戦時中の物資の無い時に考案されたコンクリート船が、戦後防波堤に利用され現在に至っているそうです。
水平線
瀬戸内海のプチ水平線
音戸大橋
変わった形で有名な?「音戸大橋」をくぐります。
鉄の鯨
呉市に間もなくオープンする海上自衛隊の博物館前には、現役を引退した実物の潜水艦がド〜〜ンと展示されています
「大和ミュージアム」や呉駅も近所ですよ。
バッティングセンター
途中バッティングセンターで腹ごなしをして山奥へと帰りました、最近は皆の都合が揃わずなかなかドライブの機会も無くなりました、また海を見に出かけたいです。